静岡県経営革新承認

お問い合わせ

 

TEL: 053-450-0330


営業時間

9:00~17:00

よくある質問

Q:太陽光発電(自然エネルギー)の全量買取制度とは?

A:自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するというものです。これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。目的は、日本国内に再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。

Q:太陽光発電や蓄電池を検討しています。どのタイミングでお願いすれば良い?

A:ソーラーパネルの発電効率を上げる為に(最大限の余剰電力を作るなど)建築設計士や建設会社と相談をさせて頂いています。蓄電システムも事前配線が伴い同様になります。建築設計事務所や建築会社にお話をする前や希望の土地の発電効率などの調査を必要とする場合は弊社にご連絡を頂けると幸いです。尚、受注生産品については納品までに時間を要しますので、お早めのご手配をお願いしております。

Q:支払方法は?

A:法人様や個人事業主様の場合は売掛をおこなっております。但、初回お取引の場合は現金にてお願いしております。その他、ご相談に応じております。

Q:キャンセルについて?

A:恐れいりますが、受注生産品につきましてはキャンセルはご遠慮願います。

 

Q:リチウムフェライト電池とは?

A:リチウムフェライト[LifePO4]とは、ここ数年前から日本国内でもようやく見られるようになってきました。主にはラジコンのバッテリーとして用いられています。海外ではEV自動車やEVバイク・家電など多くの商品に用いられています。

Q:リチウムフェライト電池の寿命は?

A:凡そ、10年です。鉛電池など3年前後からするとリチウムフェライトは長寿命です。※使用条件や使用環境により10年以上持ちます。

Q:リチウムフェライト電池の充電回数は何回までいいの?

A:リチウムイオン電池の1000~2000回に対し、リチウムフェライト電池は2000~8000回以上と言われています。仮に2000回の充放電を繰り返しても80%程の蓄電容量がのこるのも魅力の一つです。

 

Q:自然放電で電池は壊れますか?

A:LiFePO4は1年間充電せずに放置しても1割程度しか放電しませんので管理が楽です。従来のバッテリー(鉛)は1年間充電せずに放置すれば完全放電して1年後には使えなくなります。

Q:リチウムフェライト電池の耐熱性能は?

A:-20~60°まで許容範囲です。※多少の減衰はありますが80°程まで大丈夫です。又、急速充電しても熱を帯びないのも特徴の一つです。

Q:自主防災倉庫に蓄電池を置きたいのですが大丈夫ですか?

A:大丈夫です。上記にも記しましたが、弊社のLiFePO4は-20°~60°の環境下でも使用できるので、安心して備蓄しておくことができます。自然放電も1年で1割しか放電しませんので、防災倉庫に置くに適しています。